大人ニキビとホルモンバランスの関係を説明

sarasen_s

ニキビとは皮膚の炎症性疾患のことをいいます。毛穴が皮脂や古い角質によって詰まることで皮膚にいる常在細菌がはんしょくして、炎症を起こしてしまいます。酷くなると毛穴が破けて炎症が広がったり、治った後も皮膚が深く傷ついて跡となってしまいコンプレックスとなってしまうことも多い疾患です。思春期にできるものと大人になってからできるものとがあり、大人ニキビはさまざまな原因によってできてしまいます。

とくに大人ニキビの原因として上げられるのが、ホルモンバランスによるものです。女性なら生理前に男性ホルモンに似た、黄体ホルモンが分泌されることによって酷くなってしまったり、仕事や家庭などのストレスが増えることによってホルモンバランスが崩れてしまうことによってできてしまうのです。ほかにも、冷え性や貧血によってホルモンバランスが崩れてしまうこともあります。

これらのことを考えて、大人ニキビを改善するためには睡眠を十分にとり、バランスの取れた食生活を行なって、ストレスを改善するためにリラックスやリフレッシュする時間を意識して生活に取り入れるなどのストレスコントロールを行なっていくことが重要となり、冷え性や貧血を改善するために食事や運動に気をつけることが大切です。

また、身体の内側が問題なのではなく外側が問題であることもあり、髪が原因でニキビができた場合ににはなるべく毛先や整髪料などがついた髪がなるべく触らないようにする、メイクや洗顔料をしっかり洗い落として肌をキレイにする、枕や布団、寝具などの汚れでできてしまうこともあるためなるべく清潔に保ち、寝間着もこまめに交換する、紫外線は皮膚の角質を厚くしてターンオーバーを遅らせ、皮脂や老廃物が毛穴に詰まりやすくなってしまうことでニキビの原因になることも多いため、しっかり日焼け止めをして帽子をかぶる、日傘をさすなどの紫外線対策を行ないます。
内側からも外側からも気をつけることによって大人ニキビは改善していくことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>